結婚できない? 忙しい理系の結婚方法

結婚できない? 忙しい理系の結婚方法

更新情報

結婚した人の出会いの内訳

/ カテゴリ:[ 結婚した人はどこで出会っているの? ]

多くの独身の方が「出会いがない」ことを未婚の理由として挙げています。
では、結婚している人たちは一体どこで、どんな方法で出会っているのでしょうか? 

下の図は、結婚率と、その出会いの内訳を年代ごとにあらわしたものです この図から次のことがハッキリとわかります

・結婚率が著しく減少している
・結婚率の減少は見合いと職縁の減少が原因
・それ以外の自然な出会いは今も昔も少数派で、数も変わっていない

出会いの機会.jpg
勤勉な日本人は昔から一生懸命、一日の時間と情熱のほとんどを仕事にそそいできました。
その中でも特に、日本経済の根幹を支える理科系の技術職の方たちの仕事は熾烈を極めます。
猛烈な技術革新の中、泣き落としもごまかしも一切きかない数値を相手に奮闘を続けるのですから、
今も昔も女性との出会いの時間も場所もそうそうあるはずがなく、結婚や女性に対して縁がない生活になりがちなのです。

では今と昔で決定的に違うことは何か? 少し上の世代の人たちは結婚相手の探し方が今より上手だったのでしょうか? いいえ違います
現在の社会はお見合い/職場婚と言う縁結びのインフラが崩壊したために、多忙な職種、特に技術職という男性比率が高い職種の方の出会いのチャンスが非常に少なくなってしまったからです

昔は地域にたいてい縁結びが趣味のお節介なおばちゃんがいたし、職場の上司が見合い話を持って来るのも当たり前のことでした。これはこれで煩わしい事でもありましたが、地域や職場への帰属が希薄になっておばちゃんが消え、上司が縁結びの世話をしようものならセクハラで訴えられかけない現在はどうでしょう。

残念ながら私たちの社会は わずらわしさと同時に見合いと言う縁結びのインフラも失ってしまいました。一方自然な出会いは今も昔も変わらぬ少数派です。そうそうあるものではありません 

このグラフから理解すべきことは、もしも結婚を望むなら自分から積極的に動く必要があるということです。特に、職場の男性の割合が非常に高く、勤務時間も長い技術職の人は、出会いの機会が
向こうからやってくる可能性は想像よりもずっと低いということを認識しなければなりません

状況がわかれば、あとは対策を打てばいいだけです。「婚活」という言葉をマスコミが軽薄に使うせいもあって、積極的は伴侶探しをバカにする傾向もあるようですが、見当違いもはなはだしいです。出会いがないのは個人の力量ではなく社会の変化が原因だということ、職縁、知人の紹介が期待薄なら自分で動かなければまず出会いの機会がない時代だという認識が大切です

合コンやパーティー

/ カテゴリ:[ 見合い話は激減、職場も期待できないのなら ]

お見合いや職場が縁結びのインフラとして機能しなくなってきた現在、それ以外にどんな出会いの方法があるのでしょうか? 
まず良く耳にするのは合コン。今も昔も合コンは気楽に楽しめる一般的なイベントです。しかしご存知のとおりこれを結婚相手探しの出会いの手段にするには相当きついものがあります。基本的には仲間同志でセッティングしあう訳ですから、会をセットできる力のある友人と仲間にならなければそうそう開催される ものではあり ません。自分でセッティングできなければそれほどお呼びがかからないわけです。やっと参加できても、気楽な反面相手のグループが一体どんな人で、 どうゆうつもりで参加しているのか、下手したら独身かどうかすらわかりません。 
 その場を楽しむのは簡単でもそこから一歩先へ進んで連絡先を教えてもらうだけで相当な労力と言うか、運というか、男女ともにかなりの個人の瞬発力 が必要です。またなんとなく同じ傾向の人が集まりやすく、友人同士で牽制し合って気を使うことも多いです。
 つまり合コンはそれ自体を目的にして楽 しむぐらいのスタンスでないと疲れてしまいます。 パーティーイベントはセッティングを有料でやってくれる合コンのようなもので、合コンよりは参加者の真剣度は高いものの、同じように相手のことが全く分かりません。また主催者の運営・仕切り能力がしっかりしていないと参加していて非常に居心地の悪いものになりますし、友人と 牽制しあわない反面援護射撃も期待できませんから合コン以上に個人的瞬発力が必要です。
 合コンもパーティーも出会いのチャ ンスとしては十分アリですが、真剣に結婚相手を探すという点では相当効率が悪いことは覚悟して臨まなければなりません。参加すること自体を楽しめる気分的、時 間的余裕がないと苦痛すら感じるでしょうし相手も引いてしまいます。

知人の紹介・幼馴み

/ カテゴリ:[ 見合い話は激減、職場も期待できないのなら ]

知り合いの紹介または幼馴みというパターンは、結婚率で見ると少ないながらもこの40年間一定の割合で存在しています。ですか ら結婚の意思があるのに出会いが少ないと感じているのなら、普段からきちんとそれを周囲に伝えておくことが非常に大切です。何もしなければなにも 起こらないのですから。
友人や知り合いの紹介は広い意味でのお見合いですが、正式のお見合いに比べれは気軽でありながら合コンやパーティーと違って相手のこともあらかじ めわかっているのが良い点です。知り合いの好意の紹介ですから断る時はちょっと気まずいこともあるのが難点ですが、なんといってもこのパターンの 一番の問題 は「機会が少なく、しかも基本的には受身で待つしかない」ということです。そもそも自信を持って誰かに紹介できる友人というのそうそう沢山いるものではないですし、忙しくて長い間親交が途絶えていると、紹介するのにちょっと二の足を踏んでしまうものです。せっかく友人がいても忙しくて付き合いがご無沙汰になってしまっていると、なかなか紹介は期待できません。 
最初に書いたとおり自分が伴侶を探していることはきちんと周囲に伝えておくべきですが、多忙で人付き合いが減ってしまっているのなら紹介がくるのをじっと待っているだけでは期待値が低すぎます。これとは別に積極的な行動に出ることが必要です
私イチオシのトライアルセット